Google Chromeが「保護された通信」ラベルを削除に!でもね、HTTPSに対応しなくても良いという意味じゃないよ!

Googleによると、2018年の9月にリリース予定のChrome69から、SSL化されている例の、ホームページURLの左に表示されている緑色のラベル「保護された通信」をひょうじしなくする(削除する)ということです。

それに、ラベルだけじゃなく、鍵のアイコンも削除するそうです。

Google Chromeが「保護された通信」ラベルを削除

上にも書きましたが、今月の17日に、Googleが「保護された通信」ラベルを削除すると発表しました。

https://blog.chromium.org/2018/05/evolving-chromes-security-indicators.html

これによると、Chrome69から実行されるようで、最終的に鍵のアイコンも削除されます。

以前にも、このブログで常時SSL化に関する記事を書きましたが、前にもまして常時SSL化は全世界で進んでおり、もうGoogle的にも、サイトのHTTPS対応というのは当たり前という考えなんでしょうね。

HTTPS未対応ページのフォーム入力時「保護されていない通信」ラベルが赤く反転する模様

「Chrome69」の一個前のChrome68で、下記のように全てのHTTPS未対応ページに「保護されていない通信」というラベル表示がされるようになります。


※https://blog.chromium.org/2018/05/evolving-chromes-security-indicators.htmlより

こうなると、注文フォームを活用している通販サイト的なホームページだけでなく、ただのお問い合わせフォームでも、キツイですよね?

何がキツイって?

ですから、以前の記事でも書いたとおり、自分のホームページがもし常時SSL化されていなかったら・・・ホームページの信頼問題にダイレクトに直結しますから!

今ならまだ間に合います!

このGoogleの発表を聞いても、まだその重い腰をあげませんか?
他のサイトもまだまだHTTPS未対応だから、自分のもまだいいやって思っていませんか?
HTTPS対応(常時SSL化)なんて、直ぐにできるだろ、って思っていませんか?

以前の記事にも書きましたが、レンタルサーバーが無料で独自SSL化サービスを提供してくれているので導入のハードルはかなり下がりましたが、実は常時SSL化する中で、素人の方では対応できない部分も発生することが結構あります。

ですので、弊社では、ホームページ作成を弊社でされていない方でも常時SSLを代行するサービスを行っております。
今すぐお問い合わせ・ご注文下さい!お待ちしております。

今ならまだ間に合います!

サイトの常時SSL化を依頼する

関連記事

  1. 治療院サイト運営で役立つ!ビフォー・アフターを比較した写真を簡単に載せ…

  2. ドメイン取得イメージ

    治療院ホームページに必須の独自ドメインの取得方法

  3. 初心者向け!ペイパルの支払いってどうやるの?商品購入から決済まで。

  4. 自分の治療院のホームページは何人見てくれている?Googleアナリティ…

  5. サブディレクトリ(例えば/wp/〜)にインストールしたWordPres…

  6. 常時SSL化は「したほうがいい」から「しないと駄目」に!今こそ常時SS…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。