Googleのサーチコンソールから「パンくずリストhttps://〜で問題が検出されました<data-vocabulary.org schema deprecated>」というメッセージの解決策

ホームページを所有している人で、Googleサーチコンソールに登録している場合、以下のような通知が来た人もいるんじゃないでしょうか?

Googleサーチコンソールから「パンくずリストhttps://〜で問題が検出されました」メッセージ

なぜ送られて来きたか

このメッセージの内容としては、

data-vocabulary.org schema deprecated

というものなんですが、
意味分かりませんよね?

まず、なぜ送られてきたかというと、

あなたのサイトに、「パンくずリスト」があると思います。(パンくずリストというのは、下記のようなところですね。今回のメッセージが送られてきているのであれば、必ずパンくずリストはありますので、「そんなのんぇ〜ぞ!!」とか言わないでくださいね)

当サイト(https://attractblue.jp/)のパンくずリスト

なぜ、Googleサーチコンソールから、この警告の通知が来たかというと、これはちょっと専門的な部分になるので、 そうなんだ、ふ〜ん 程度に聞き流してもらえれば良いんですが、

このパンくずリスの構造化データに「data-vocabulary.org」というものが使われているからなのです。
このパンくずリストに使われているタグを見てもらえれば一目瞭然で、下記の画像のように使われているのが分かるかと思います。

メッセージの意味

で、使われているだけで、なぜこの通知が来たのかというと、どうもGoogleが、このdata-vocabulary.org schema deprecatedに関して、ウェブマスターブログで案内をしているようです。

Sunsetting support for data-vocabulary
Tuesday, January 21, 2020

Structured data schemas such as schema.org and data-vocabulary.org are used to define shared meaningful structures for markup-based applications on the Web. With the increasing usage and popularity of schema.org we decided to focus our development on a single SD scheme. As of April 6, 2020, data-vocabulary.org markup will no longer be eligible for Google rich result features.
As a preparation for the change and starting today, Search Console will issue warnings for pages using the data-vocabulary.org schema so that you can prepare for the sunset in time. This will allow you to easily identify pages using that markup and replace the data-vocabulary.org markup with schema.org.

もうちょっと文章は続くんですが、簡単に言うと、

2020年4月6日から、パンくずリスト、リッチスニペットで使われているdata-vocabulary.orgマークアップを、Googleの検索機能から除外しますということらしいです。

パンくずリストをdata-vocabulary.orgで記述している場合、サイトの検索順位で影響を受ける可能性があるのではないかと思われます。

対処方法として

ホームページがWordPressで作られている場合、特にこのメッセージが来ている可能性が高いんじゃないでしょうか?
昔からある有料テンプレートなどが、パンくずリストをdata-vocabulary.orgで記述していることが多いんじゃなかと思います。(このサイトでも使用しているTCDさんのテーマは、今回のこれに該当しちゃっています・・・)

少しでもSEO的に、検索順位に影響を与えたくない場合は、このdata-vocabulary.orgの記述を別のものに置き換える必要があります。

弊社のクライアントのホームページに関しても、こちらで開発したテンプレートのパンくずが一部、今回の話に該当しているので対応しなければいけない案件となってしまいました・・・トホホ(汗)

ただ、プラグイン等で、パンくずを表示している場合は、プラグイン開発者が対応し、更新する可能性もあるので、更新状況を調べたり、しばらく様子を見てみてもいいかもしれません。

テンプレートの場合も、テンプレートの開発元が更新して対応していく可能背があるので、問い合わせてみとるか、対応したテンプレートを更新を市なさそうであれば、それなりの専門スキルのある方面にお願いしてみてもいいかもしれません。

今回の件に関しては、まだ少し先の話ですので、焦る必要はありませんが、ちょっと素人には対応できないような話だなあ・・・と感じました。

関連記事

  1. LINE公式アカウントを開設するには

  2. WordPressを5.0以降にアップグレードしてしまい、今までのエデ…

  3. Zoomを使う

    WEB会議・セミナーで便利なツール「Zoom」の使い方

  4. サブディレクトリ(例えば/wp/〜)にインストールしたWordPres…

  5. Chromeの変更がページに反映されないときはキャッシュをクリアしてみ…

  6. 治療院サイト運営で役立つ!ビフォー・アフターを比較した写真を簡単に載せ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。